新生代の巨大サメ「メガロドン」の歯の化石?クロアチアで発見

megarodon

なんとクロアチアで古代生物「メガロドン」の歯の化石が発見されるという驚きのニュースが!歯の調査をした結果、この歯の持ち主は全長18メートルにも達していた可能性があるということです。

【8月22日 AFP】クロアチアの首都ザクレブ(Zagreb)から約60キロのポクプスコ(Pokupsko)村の川で、新生代に生息していたサメのものとみられる歯の化石が発見された。

この歯は、貝殻を探していた地元のスティエパン・スーセク(Stjepan Sucec)さんが発見したもので、ザグレブにある自然史博物館の地質学者は、およそ1600万年前から260万年前の新生代に生息していたとされるサメ「メガロドン」の歯と思われるという。

メガロドンは、史上最大で最強の肉食動物の一種とされている。化石から、この巨大なサメは全長が最大18メートルにも達していた可能性があることが分かっている。

メガロドンは世界中の海に分布し、現在のクロアチア沖かつてのパンノニア(Pannonian)海にも生息していたと考えられている。(c)AFP

AFPBB News(http://www.afpbb.com/articles/-/3058055)

台湾・達佛羅企業、欧州クロアチアに物流・サービス拠点

台湾の工作機械メーカーである『達佛羅企業』がクロアチアに物流拠点を設けるというニュースがありました。クロアチアに拠点を設けることで欧州市場を拡大するのが狙いのようです。達佛羅企業の販売量は欧州が44%も占めているそうなので、体制強化により、今後のサービス向上も見込まれます。

【台中(台湾)=尾内淳憲】台湾の工作機械メーカーの達佛羅企業は約700万ドルを投じ、クロアチアに物流・サービス拠点を新設する。同社が欧州に物流拠点を設けるのは初めて。10月の稼働を予定。輸出の増加が見込まれる欧州でサプライチェーンを整備し、顧客対応力を強化する。

 クロアチアに新設する物流・サービス拠点の敷地面積は約6000平方メートルで、現地の高速道路から2キロメートルと好立地。機械部品のスペアパーツや電装部品などを取り扱うほか、アフターサービス要員を配置する予定。
達佛羅企業の2014年の地域別販売量は、欧州が44%でトップ。15年は50%程度になるとみている。ただ、張錦鋒董事長は「欧州市場拡大の一方で納期についてのクレームがあるのも確かだ」と話す。物流拠点の新設により、部品交換などの対応に迅速に対応する体制を整える。

日刊工業新聞(http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0120150814acav.html)

クロアチア代表ペリシッチが長友インテルに移籍

perisicchi

クロアチア・スプリト出身のサッカー選手イヴァン・ペリシッチ(1989年2月2日生まれ)がインテルミラノに移籍することがきまりました。ペリシッチは2011年に初めてフル代表に選出され、EURO予選のグルジア戦で代表デビューしました。その後、立て続けに試合に出場し、2012年のワールドカップ予選ベルギー戦で代表初得点を挙げました。わずか17歳で有名クラブからの熱視線を集めたペリシッチは“新たなアサノヴィッチ”とも呼ばれています。まだまだ26歳のペリシッチ。これからの活躍が期待されます。

サッカーのブンデスリーガ、ウォルフスブルクは31日、26歳のクロアチア代表でFWとMFをこなすペリシッチが長友佑都の所属するインテルミラノ(イタリア)に5年契約で移籍したと発表した。

両クラブは詳細を明らかにしていないが、報道によると移籍金は2000万ユーロ(約27億円)という。

日刊スポーツ(http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1531279.html)

IS、クロアチア人人質を斬首と発表

以前、日本人を拉致した後殺害したとして日本だけでなく世界中を恐怖に陥れたIS(イスラム国)が、クロアチア人を人質にとり更には斬首したと発表しました。遺体の写真も公表されているようですが、信ぴょう性は未だ確認されていないということです。危害を加えられていないことを祈るばかりです。

【8月13日 AFP】イスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」は12日、人質に取っていたクロアチア人男性を斬首したと発表し、男性の遺体とされる写真を公開した。事実ならば、ISがエジプトで欧州人を殺害した初の事例となる。

殺害が発表されたのは、フランス企業CGGで働いていたトミスラブ・サロペック(Tomislav Salopek)氏。先月エジプトの首都カイロ(Cairo)で拉致されていた。

クロアチアのゾラン・ミラノビッチ(Zoran Milanovic)首相は記者団に対し、同氏の死亡を「100%の確信をもって確認」はできないと語った一方で、「だが事態はよくない」と述べ、クロアチア政府は希望がある限り同氏の捜索をあきらめないと付け加えた。

ISは、エジプトが収監しているイスラム教徒の女受刑者らを48時間以内に釈放しなければ、同氏を殺害すると脅迫。期限は今月7日に切れていた。

遺体の写真の信ぴょう性はまだ確認されていない。写真はIS関連のツイッター(Twitter)アカウントに投稿され、「ISに対する戦争に参加しているクロアチアからの捕虜の期限切れ後の処刑」との説明が付けられていた。(c)AFP/Samer al-Atrush

AFPBB News(http://www.afpbb.com/articles/-/3057219)

ウェールズ、ベイル不発でイスラエルにドロー。クロアチアはノルウェーに不覚

サッカーはクロアチアで最も人気のあるスポーツです。先日、EURO2016の予選が欧州各国で開催され、クロアチア代表もノルウェーと対戦しましたが、2対0で敗北してしまいました。しかし、クロアチアは依然グループHの首位となっており、10月にブルガリアとの対戦を控えています。

【ウェールズ 0-0 イスラエル EURO2016 予選】

EURO2016予選が現地時間の6日に欧州各国で開催された。

グループBの首位を走るウェールズ代表はホームで3位イスラエルと対戦。前半から試合を支配するウェールズだが、イスラエルがしっかりと守りゴールマウスを割らせない。

58分にはゴール前でベイルがFKを蹴るも、シュートはわずかにゴールの上にそれた。62分にはCKからキングがヘディングシュートを放つもGKがナイスキャッチで防ぐ。アディショナルタイムにはベイルの落としからチャーチがゴールネットを揺らすも、これはオフサイドの判定。

結局試合はスコアレスドローで終了したもののグループB首位を守っている。

【ノルウェー 2-0 クロアチア EURO2016 予選】

グループHの首位クロアチアは3位ノルウェーとの対戦する。前半は膠着した展開となり、0-0でハーフタイムを迎える。

後半、先制したのはノルウェー。51分にバーゲットが決めて1-0とする。続く69分にはクロアチアのDFチョルルカがオウンゴールを決めてしまう。

そのまま試合は2-0で終了。ノルウェーがクロアチアをかわしてグループHの2位に浮上している。

BIGLOBEニュース(http://news.biglobe.ne.jp/sports/0907/fot_150907_9004649682.html)

クロアチアオススメの観光地

flag

クロアチアは美しいアドリア海に面しており、リゾート地として有名です。

雄大な自然と穏やかな気候の為、日本人観光客、特に70歳以上である古希以降の年配の方々に人気があり、日本からのツアーが沢山組まれています。

また、内戦時代のイメージから治安が悪いのでは・・・と思われがちですが、凶悪犯罪の件数も少なく、ヨーロッパでは比較的治安のいい国と言われています。

そんなクロアチアのオススメ観光スポットをいくつかご紹介致します。

古希のお祝い

プリトヴィッチェ湖群国立公園

plitvice

プリトヴィツェ湖群国立公園はクロアチア中西部にある湖畔の公園で、大小16の湖と92の滝が他に類を見ない美しいエメラルドグリーンの幻想的な景観を作りだしています。

1979年にユネスコの世界遺産に登録されました。

プリトヴィツェ国立公園は鬱蒼とした森林に覆われ、周辺にはヒグマやオオカミ、ワイルドキャットなど
の希少な動物や126種類もの鳥類等が生息しています。多様な土壌や標高差によって植物群落の多様性も生み出されています。

また、湖の水はかなり透明で、泳いでいる魚をはっきりと観察することができます。

敷地が広大な為、泊まりがけで2日間かけて回るのがベスト。公園付近のホテルに宿泊し、2日パスを利用すれば大自然を存分に満喫することができます。

綺麗な景色は新婚旅行にもおすすめです。

シベニクの聖ヤコブ大聖堂

sibenikkatedrala

シベニクの聖ヤコブ大聖堂はシベニクにある大聖堂で、シベニク司教座が置かれています。

アドリア海に面しているシベニクの街。赤い屋根が連なる家々の中で一際目立つ白亜の建物が聖ヤコブ大聖堂です。レンガや木を使わず建てられた協会としては世界で一番大きいものとなります。

巨匠ジョルジョ・オルシーニよって建設され、2000年にユネスコの世界遺産に登録されています。この大聖堂でもっとも印象的なのが、洗礼堂に置かれた71の老若男女の顔の彫刻です。この顔の彫刻は大聖堂の建設に情熱を燃やしたシベニク市民の顔と言われています。

当時、慎ましい聖堂しか持たなかった市民が周辺の街に負けないくらいの立派な大聖堂が欲しいと
いう強い思いから建てられたそうです。その際、市民は自らお金と労働力を担い大聖堂完成を目指したということです。こういった経緯から洗礼堂には市民の顔が掘られているのですね。

アドリア海岸線

adria

クロアチアは全長約1777キロの海岸線があり、約1100の島々があります。気候が穏やかな地中海性気候の為、冬でも肌寒い程度なのでいつでも海岸を楽しむことができます。

オレンジの美しいレンガが並ぶドブロブニク という街は「アドリア海の真珠」とも呼ばれ、スタジオ・ジブリの『魔女の宅急便』や『紅の豚』のモデルにもなっています。

また、沿岸部の都市はイタリアのリゾートのような町並みでバカンスを楽しむのに人気の地区となっていますし、旧市街ではバロックの雰囲気も感じる事もできます。

失恋博物館

museumofbrokenrelationships

クロアチアの中心地ザクレブにある「Museum of broken relationships」は失恋とその遺品をコンセプトにした博物館で、辛い過去を思い出させる恋の遺品をコレクションとして展示しています。

手紙や写真はもちろん、結婚式に来たドレスや相手からプレゼントされたベース、更にはスタンガンや家に残した家具を粉々にした斧なんかも展示されています。

博物館で販売されているお土産も思い出を消す消しゴムや別れた時に別々に持って帰れる枕など、失恋用のグッズばかりです。

ただ失恋の悲しみを展示するだけではなく、その後の幸せになった話や恋愛時の明るく面白いエピソードも展示されています。ちなみに日本からでも郵送で寄贈が可能とのこと。

2011年のヨーロッパ博物館アワードにノミネートされています。

次ページへ »

↑ PAGE TOP